2020年7月17日

ジャパンネット



ショックです。ジャパネット・・・
よく買い物します。

エアコン祭! 工事費込み(標準)
この()が曲者ですが・・・ダクト代や配管代としてほぼ必ず少し余分に請求されますが、それは余分な(標準)外なんでしょう・・・仕方ありません。ちゃんとお支払いしてました。

今あるエアコンが古くなり・・・
今回娘がエアコンを注文しました。約20万円 工事費込み(標準)
今までの相場でも工事費込み(標準)でも1万2万は絶対余分に払うことになるのは承知!

エアコンが前日に到着!(なんで前日)
作業当日、取り付け工事・・・工事費込み(標準)+¥141、680円えっ!えっ!
ビックリした娘から連絡あり、当然キャンセル!すると
「商品送料いただきますので、送り返してください」
商品代金は前日先払い!変な商売!

改めて私から連絡するとマニュアル通りAIのような同じオペレーターさんのお答え!
ジャパネットさんいつからこんな商売になったの???ショック!
工事費込み(標準)がこんなにかかるなら先に別途とんでもなくかかりますよ!
工事費込み(標準)以外がこんなにするなら先に見積もりその後に商品発送の順番では?
オペレーターの方「工事費用は現場見ないと分からないので!」
「先に見積もりしてほしいなら¥4000円かかります」
今言う事!びっくり!
「少々お待ち下さい!」5分、少し話すと「少々お待ちください」5分
また、「少々お待ちください!」約30分ほどやり取り

「説明にお越し下さい。娘が見てなかったことが有ればお支払いするべきものはします」
オペレーター「電話対応しかしません」少し間を置き
「そしたら、送った費用はこちらで持ちますので返品分は支払いください。」
何!この妥協案みたいなの・・・うちは既に商品代金はお支払いしてます。
どういった対応されるのか楽しみです。
外注先さんもオペレーターさんも含めてジャパネットさんや無いのかなぁ
えっ!!!ジャパネットさんこんな組織でした???ちょっとショックな事件でした。
#ジャパネット
#ジャパネットエアコン祭り

トラックバック(0) コメント(0) 
 
ホームページ制作はオールインターネット