2019年9月24日

見せる蝋燭

和蝋燭も灯すだけでなく、見せる、演出する、飾る、色々と提案できれば・・・
そんな思いで関われるところを関わってますが、所詮・・・
口は1つ手は2つ・・・それだけあれば有難いことですが・・・
自らが広告塔になり活動するにも体力的、年齢的、性格的にも限界が有るような・・・
削れるところは削り(自分の時間、病院)・・・
やはり誰かを担ぎ上げる方が私には向いてるような・・・
一番しんどい所を人任せにしたツケが来てます。(^^)/
物づくり専科で行きたい人です。周りからは絶対にそんな風に見えてないんでしょうね(^^♪
時間が出来ると後悔が多い人なので(こう見えて)働きまくるのですが、新幹線に乗ると時間が出来てしまうので色々思います(^_-)-☆

そろそろ和蝋燭造りも本番に入ります(入らないと困りますが)
新しい事を始めるには思い切りは必要ですが・・・結果は結果!そこまでのプロセスが大事!しかし結果がもてはやされるのも事実です。今まで継続された事が個の力!財産には確実に成ってます。
私も負けずに和繋ぎびととしてドンドン広めて行かないと・・・
和繋ぎびと おつかいもの本舗 は宝物です。
あれこれ言われるのも面倒なので・・・応援して頂ける方だけ・・・
楽しく楽しめるような事をしていきたいです。

色んな所で和ろうそくの事を説明しても未だに「目から鱗です」と何度も言って頂けますが、その度、実は悲しい思いに成っております。(・へ・)(ちょっと先が遠すぎて見えなくなりますが・・・)
伝統産業は直ぐに結果が出ない・・・道の無い所に道を造る・・・やる気がないと続かない?見た目に綺麗でカッコイイ方へ人は流れるんでしょうね(+o+)伝統産業でも奇麗な、目立つ、お金になる、そちらの方には若い方も組織や行政も目を向けますが(人も多いので当たり前)和蝋燭造りの様な蝋まみれで汚れる職はカッコ悪い職業なのかなぁ?
私はカッコいい!とは言いませんが、誇りを持ってやっております。

今日も1日頑張って行きましょう。

座って半畳、寝て一畳の和蝋燭職人 田川広一

トラックバック(0) コメント(0) 
ホームページ制作はオールインターネット